COMPANYTANK  > カンパニータンクトップページ    
CONTENTS
カンパニータンクとは
インタビュー
インタビュア一覧
業種別一覧
イベント
リンク
カンパニータンクご注文
Back Number
Interviewer
秋川 リサ
秋川 リサ
(アキカワ リサ)
■女優
■15歳でテイジン専属モデルとしてデビュー以来、女優、コメンテーターを中心に幅広く活躍中。主な出演に「おもいッきりテレビ」「こたえてちょーだい」など。また、もう一つのライフワークであるビーズ刺繍の作家としても活動。
五十嵐 めぐみ
五十嵐 めぐみ
(イガラシ メグミ)
■女優
■愛知県名古屋市出身。淑徳学園高校卒業後、TBSドラマ「さかなちゃん」でデビュー。主な出演作品に「スワンの涙」「渡る世間は鬼ばかり」「3年B組金八先生」などがある。
岡安 由美子
岡安 由美子
(オカヤス ユミコ)
■女優
■東京都出身。フジテレビジョンのオールナイトフジの司会で人気を集め、以後女優、歌手として活躍。主な出演作品はTBS「男女7人秋物語」NHK「武蔵坊弁慶」など。一方でレーサーとしても活動、A級ライセンスを持つほどの腕前。
小柳 ルミ子
小柳 ルミ子
(コヤナギ ルミコ)
■歌手・女優
■福岡県出身。宝塚音楽学校を首席で卒業後、1971年「私の城下町」でデビュー、日本レコード大賞を受賞。以降、「瀬戸の花嫁」「おひさしぶりね」「今さらジロー」など多数のヒット曲を輩出。また、女優として映画「白蛇抄」やドラマ「鍵」「家なき子」などに出演。他にも舞台、バラエティなど精力的に活動している。
大門 正明
大門 正明
(ダイモン マサアキ)
■俳優
■1949年兵庫県出身。
早稲田大学商学部卒業の後、俳優の道へ。主な出演作品に「ウルトラマン80」「ゴジラ対メカゴジラ」「大岡越前」「水戸黄門」「キッズ・ウォー4」などがある。
高瀬 春奈
高瀬 春奈
(タカセ ハルナ)
■女優
■フェリス女学院中・高等部、早稲田大学第一文学部演劇化卒。文学座養成所13期生。1977年、NHK朝の連続テレビ小説「一番星」ヒロイン「佐藤千夜子」役でデビュー。以降、ドラマや映画を中心に存在感のある女優として高い評価を受けている。
矢部 美穂
矢部 美穂
(ヤベ ミホ)
■女優・タレント
■北海道恵庭市出身。1992年、「New MOMOCO CLUB(ミスモモコ)」でグランプリ(学研主催コンテスト応募者およそ12000人)の受賞を契機に芸能界へ。16歳で上京し、以降、雑誌,グラビア等で活躍後、バラエティ番組でテレビデビュー。現在はテレビ、ドラマ,舞台,写真集等で幅広く活動中。
若原 瞳
若原 瞳
(ワカハラ ヒトミ)
■女優
■静岡県出身。歌手・若原一郎(故人)の長女。一時子育てのため、芸能活動を休止。現在では日本テレビ「午後は○○おもいッきりテレビ」レギュラー出演の他、情報・旅行番組等にも出演している。
業務の主軸は「人」── 利用者の視点を大切に 経営効率の向上をサポート
 トップページ > 6月インタビュートップ > 株式会社 アイ・シー・ネットワークス 代表取締役 並木 久
 
株式会社 アイ・シー・ネットワークス 代表取締役 並木 久 並木 久(ナミキ ヒサシ)
株式会社 アイ・シー・ネットワークス 代表取締役

日本オフィス・システムで社内システムの運用や社内事務処理に携わった後、フリーとして独立。数々の企業で経験を重ね、平成14年にアイ・シー・ネットワークスを設立した。本社をハワイに置くが、現在は日本国内で業務に従事。利用者の視点を大切に実績を築いている。

株式会社 アイ・シー・ネットワークス
〒140-0014 東京都新宿西新宿3-3-11 8F
TEL 03-6279-4837
FAX 03-3347-9008
URL http://www.icnet.jp/
お知らせ
 
  SEとしての始動
五十嵐: 並木社長は、最初のお仕事からこのIT業界をずっと歩み続けてこられたのですか。
並木: ええ。高校卒業後は専門学校でコンピュータを学び、卒業後は日本IBMのソリューションプロバイダー日本オフィス・システムに就職して、社会人としての第一歩を踏み出したんですよ。
五十嵐: では、SEとしてのお仕事にご自身の適性を見いだされたのですね。
並木:
いえ、実は当時の私はシステム開発に魅力を感じることができず、始めは事務職として就職したんです。採用が決まった際に会社から「SEとして仕事をしないか」と何度か言われたのですが、「私には向いていません」と断って・・・(笑)。
五十嵐: そうなんですか(笑)。どうしてそのお気持ちが変わっていかれたのでしょう。
並木: 当時の私はSE=プログラマーだと思っていまして、プログラムを書く事が私には向いていないと思い、事務職の部署を希望したんです。配属された部署は社内事務処理全般を管理する部署で、社内システムの運用も配属された部署で担当していました。そこで社内システムの運用を担当したのが、今の道に進んだきっかけですね。
  社内のユーザーの要望を取りまとめたり、新しいシステムを検討したりしていると、ユーザーの要望や反応を間近に見ることができます。その視点に立って、全体の流れを見ているうちに、こういう仕事もSEの仕事なのだと知り、そこからSEの仕事が面白いと思い始めました。普通はシステム全体を見たり検討したりするのは、もっとベテランのSEでないと出来ないのですが、この時のユーザー視点でシステム全体を見た経験や、各種の事務処理や業務処理の実務経験は、非常に役立ったと思っています。
  その後、独学で知識を習得し、独立してフリーランスとして様々な企業の下で経験を重ねた後に、アイ・シー・ネットワークスを設立したのです。
五十嵐: 実際に会社としてスタートされて、いかがでしたか。
並木: 最初はフリーの時とそれほど変わらなかったですね。それだけに、「自分の仕事そのものが会社の信用になり実績になる」という気持ちで一つひとつの仕事を手掛けていきました。
五十嵐: 確かに、スタート直後は会社のお名前も知られていないでしょうから、並木社長ご自身が会社そのものですものね。
並木: はい。仕事を完遂することによって実績を作り、お客様との信頼を築く。そこから初めて会社としての形ができあがってくるわけですから。
 
▲このページのTOPに戻る
  コミュニケーションを基盤に
五十嵐: IT関係のお仕事ですと、システム開発やその構築など、個人のスキルも非常に大切だと思います。組織化を進める上で人材の能力は欠かせない要素ですが、スタッフにはどのような方がいらっしゃるのでしょうか。
並木: フリーランス時代を含めて、過去に、一緒に仕事をしたことのある人が多いですね。私自身、会社を大きくしようという意識はあまりありませんから、人材に求めるのはまず「信頼できるかどうか」ということ。今のスタッフに関して言えば、安心して仕事を任せられます。
五十嵐:
内部で働く人への信頼は、会社の基盤を安定させるには欠かせませんからね。
並木: そうですね。また、私が共に働くスタッフに期待しているのはスキルよりも人柄コミュニケーション能力なんです。スキルは、意欲を持って勉強すればなんとかなります。でも、お客様としっかりと向き合ってコミュニケーションをとり、要望を汲み取っていく姿勢は、教えればすぐに身に付くというものではありません。特に私どもではお客様の元に赴いて常駐し、作業をする事が多いわけですから、お客様や周囲の方々とのコミュニケーションが何よりも大切になってきます。
五十嵐: なるほど。私のイメージでは、SEに必要なのは、まずは技術力だと思っていましたが・・・。
並木: もちろん技術力があることはプロとして当然です。でも、どれほど技術力が高くて、高度な仕組みのシステムを作っても、それだけでは意味がありません。例えば、業務効率が上がったり、社内体制をスリム化出来たりと、システムはお客様に使われ、効果が上がってこそ価値があるんですよ。
  SEの中には、プログラムが高度であればあるほど価値が高いと考えている人もいますが、それは間違いだと思います。どんなにシンプルで簡単なプログラムであっても、お客様が使いやすく、喜んでいただけるものであれば、そちらの方が遙かに価値が高いんです。使う側のニーズを深く、的確に汲み取ったシステムこそが、本当にいいものだと思っています。
五十嵐: 確かにそうですね。使う側はコンピュータに関して素人。機能が入り組んで専門的な操作が必要になってしまっては、使いこなすことはできません。そういった意味で、いかにお客様が望んでいることをいかに引き出すかつまりコミュニケーション能力が必要なのだということが、よく分かります。
並木: 今、五十嵐さんがおっしゃった通り、使う側の方々がコンピュータに詳しいとは限りません。それだけに寄せられるご要望は、はっきりと形になっていないことがほとんど。「こういうことができたらいいな」というイメージから、いかにご要望を汲み取り、形にしていくかが求められます。顧客企業が手掛ける仕事はどういったものなのか、どのような機能が必要なのかを見極め、具体的なノウハウを提案することが大切なんです。
五十嵐: SEというお仕事は、ただ機器を相手にするのではなく、人を大切にすることが何よりも必要なお仕事なのですね。では最後に、これからの展望をお聞かせ下さい。
並木: 会社を運営する上で、私が最も意識しているのは社会に貢献することです。ですから、これからは中小企業のIT化をサポートする仕事に注力していきたいですね。現在の当社の顧客はほとんどが大手企業。でも、日本を実際に動かしているのは中小企業です。中小企業が活気付けば、日本全体の活性化に繋がるでしょうから。
  IT化に意欲的な中小企業はたくさんおられますが、一旦導入しても、そのシステムを使いこなせずに導入だけで終わってしまっている会社も多くあります。ですから、私たちは導入だけでなく、効果的な活用方法のコンサルティングやサポートまでを、きめ細やかに手掛けていきたいと考えています。
五十嵐:
困ったこと、分からないことがあったらすぐに聞くことができて、細かくアドバイスやサポートしてくれるそんな身近なIT企業の存在こそが、中小企業IT化の普及へと繋がっていくのでしょうね。これからも是非頑張ってください!
 
  <GUEST COMMENT>
「どのようなシステムも使用されて始めて価値がある」そう語る並木社長。言葉を選びながら、丁寧に、理知的に語る並木社長とお会いして、SEにとって何よりも大切なことは、相手が望むものを汲み取って、それをしっかりと反映していく、そのためのコミュニケーション能力なんだということを、実感を持って受け入れることができました。(五十嵐 めぐみ)
 

▲このページのTOPに戻る
 
 |会社概要当サイトについてサイトマップお問い合せ